ロシア戦闘機[スホーイ27]

スホーイ ロシア戦闘機

Add: iteka73 - Date: 2020-12-06 23:42:38 - Views: 7360 - Clicks: 9804

About Press Copyright Contact us Creators Advertise Developers Terms Privacy Policy & Safety How YouTube works Test new features Press Copyright Contact us Creators. 大型戦闘機スホーイSu-27と比較的小型のミグMiG-29。どちらも同じ設計思想のもとに開発開始されスホーイは大型機を、ミグが小型機を目指した. この戦闘機は元来、Su-15から発展した長距離迎撃戦闘機である。 したがってMiG-31と共に防空軍に配備されており、「ロシアの半分はSu-27が守っている」との事だが、実際には両者の長所をうまく組み合わせて配備しているものと思われる。 「長距離」と銘うつ割には増槽を搭載していないが、これは機内に十分な燃料を搭載できる為である。Su-27には元々、行動範囲を広くとれるように機体が大型である事が求められていたのだ。 (ソビエトでは空中給油は爆撃機向けが主だった) 機体の平面形も当時のTsAGI(ツアギ:ソビエトの流体力学研究所)の研究成果を反映したもの。 MiG-29とお互いに機体形状が似ているのは、双方ともにこの研究成果が活かされているからである。 それまでのスホーイの迎撃機と違い、 1. どうなる? 年2月7日、ロシアの航空機メーカーであるユナイテッドエアクラフトは、その傘下にある戦闘機開発メーカー、スホーイの最高経営責. Su-47 (S-37) “ファーキン”. ロシアが誇る高性能戦闘機、Su-27のすべてを網羅する作品。 現在アメリカのF-15イーグルと並んで最強と謳われるSu-27。 その貴重な開発時の映像から飛行性能を紹介、さらにロシア軍のアクロバットチームによるデモンストレーション飛行なども楽しめる。. “”内はNATOコードネーム。 Su-24“フェンサー” 1.

Su-7“フィッター” 1950年代に初飛行した大型の戦闘爆撃機。機体胴体部は同時期に開発されたMiG-21とそっくりで、MiG-21を大きくして後退翼化したような機体。航続距離が短く兵器搭載量が貧弱な弱点があり、前線に居た期間は短かった。 Su-17・Su-20・Su-22“フィッター” MiG-23の対抗馬として作られた上述のSu-7の主翼を可変翼にし、各部を改良した機体。元々の機体素性の良さとスホーイ設計局の改良のおかげで、戦闘爆撃機として優れた性能と機体の頑丈さ、高い信頼性を持つ優秀な戦闘爆撃機に仕上がった。その結果東側で一大ファミリーを形成し、今日までのスホーイの礎となった傑作機である。ロシアでは退役済みだが、旧東側や中東では現在も輸出型の機体を使用する国も存在する。 Su-9“フィッシュポット”・Su-11“フィッシュポットC” Su-7の防空軍仕様の機体。主翼にデルタ翼を採用しているため完全に外観は「でかいMiG-21」。当時のソ連の電子技術の粋を結集したハイテク迎撃機であったが、同時期のアメリカのハイテク機同様に機銃を搭載していない弱点があった。後にレーダーやアビオニクスを改良したSu-11が登場している。またSu-9は派生として『空飛ぶ研究室』の異名を持つ数々の飛行試験機が作られ、後のソ連の航空技術の発展に大きく貢献している。 Su-15“フラゴン” Su-9の発展型。大型のレーダーが搭載できない弱点を持つ機首エアインテークをやめて、機体側部のインテークを採用している。迎撃機としては優秀な機体であったものの、アビオニクスが高度すぎたため輸出型は作られずソ連防空軍だけで使用された。1978年の大韓航空902便機銃撃事件と1983年の大韓航空007便撃墜事件でも有名な機種。. 年7月の撮影です。 パイロットは大塚氏です。. フランカーシリーズの成功において、スホーイは航空機メーカーとしての名声を確立した。登場当初、優れた性能を持つフランカーは電子機器の貧弱さなど欠点を抱えていたものの、西側世界にとって大きな脅威だった。 ソヴィエトが崩壊し、秘密のベールに包まれていたフランカーの露出が増えるにつれ、フランカーは民間の航空/軍事マニアの心をつかんでいった。かく言う筆者も、航空自衛隊でフランカー買わねえかな、と思っていたクチである。 しかし、フランカーのえろい美しい曲面は中央流体力学研究所が研究したコンセプトに基づいており、MiG-29も同様のコンセプトに基づき、似た機体構成を用いている。 ならば、あえて問わねばなるまい。 スホーイの魅力とは、フラゴンやフロッグフットやフェンサーの垢抜けない無骨さの中にこそあるのではないか、と。「きょうもまた、冷凍ギョーザと引き換えで戦闘機を作る仕事がはじまるお・・・」. 599 名無し三等兵 /08/06(木) 09:35:43. ロシアnowは、ロシアで最も広範に使用されている軍用機の一つについて、9の事実をご紹介する。 11月24日にトルコ空軍によって撃墜された戦闘爆撃機スホーイSu-24は、シリアのテロリストを標的としたロシアの作戦で重要な役割を果たしている。. 『ロシア戦闘機 スホイ27』の関連ニュース. 6月、筆者は世界最大級の航空ショ-、パリ航空ショーを取材した。目を引いたのが、ロシア空軍の最新鋭戦闘機であるスホーイSu-35だった. 自衛隊戦闘機の部品メーカー20社以上が撤退へ。 Su-27 (航空機) Su-27(スホーイ27、スホイ27;ロシア語:Су-27スー・ドヴァーッ ツァチ・スィェーミ)は、ソ連で設計・製造された戦闘機である。 現在でもロシアを中心とする旧ソ連諸国や第三世界で使用され、極.

jp Su-57は機体腹部に前後2つの大きなウェポン・ベイを備えており、その中に兵装を格納します。 大きさは、2つとも長さ4. 西側関連が続いていたので、気分を変えて東側で作りました。BGMは原田ひとみさんの「Burnt Red」です。Su-27以降の機体が登場します。. Su-35/Су-35 Su-35S 用途 : 戦闘機 分類 : 多用途戦闘機 設計者 : スホーイ 社 製造者 : KnAAPO 運用者 : ロシア ( ロシア空軍 ) 中国 ( 中国人民解放軍空軍 ) 初飛行 : 年 2月19日 生産数 :112機(年) 運用開始 :年 運用状況 :現役 ユニットコスト :8,300万-8,500万 USドル (見積もり. Su-27は広大なソ連・ロシアの国土を守る迎撃戦闘機です。 とはいえ、両方共よく似た姿をしており、共にエンジンも双発です。 で、両方共とりあえず、対空戦闘を主眼においていますが、徐々にマルチロール化され、対地、対艦任務もできるようになって. 4㎡との認識をしているようで、専門家の中にはSu-57のステルス性はF-22に劣るとみる人もいるようです。 ステルス性能に関してはF-22を開発しているロッキード・マーティン社もスホーイもほとんど情報を出していないため、現状では、実際にSu-57がどれだけのステルス性能をもっているのか、本当に第5世代戦闘機に合致する機体なのかはっきりとしたことはわかっていません。 Su-57は敵から身を隠すだけでなく、敵機を探知する性能にも優れていて、最新のアクティブ電子走査アレイ(AESA)・レーダーを装備しています。 メインのセンサーとなるのはSh-121火器管制装置で、これは機種前方のアクティブ電子走査アレイ・レーダーN036ベルカ(リスの意)Xバンド・レーダー、機首側面左右のAESAレーダーN036 Xバンド・レーダー、左右主翼の外翼部前縁のN036L Lバンド・レーダーの5つのアンテナを持つ装置です。 機首レドームには1552個の送受信モジュールが設けられており、機首前面のアンテナは90㎝、70㎝の. 最近、ロシアの最新鋭戦闘機「Su-35(スホイ35)」4機は昨年12月下旬、中国軍側へ引き渡されたと、中国国営メディアが報じた。いっぽう、ロシア.

Su-57/Су-57 MAKS-において飛行するSu-57の試作機(054) 用途 : マルチロールファイター 分類 : ロシア戦闘機[スホーイ27] ステルス戦闘機 設計者 : スホーイ 製造者 : KnAAZ 運用者 : ロシア ( 航空宇宙軍 、 海軍 )(計画) 初飛行 : 年 1月29日 生産数 :試験機10機 +量産型1機 (年) ※年までに量産型76機を. jp Su-57はソ連時代も含めてロシアの実用機としては初めてステルス性を重視した設計がされているのが最大の特徴です。 その特徴にはF-22と類似したところも少なくありません。 ステルス性を確保するため、機体各部の直線は極力角度を揃えるようにして作られており、機体形状も非常に薄くてのっぺりとしていて、開口部や溝もレーダー波より小さい格子でカバーしています。 レーダー波は吸収・遮断する材料や塗料も各部に使用し、エンジン正面のファンでの反射を減少させるレーダー・ブロッカーを装備しています。 空気取入れ口からエンジンまではほぼまっすぐの位置関係にありますが、空気をまっすぐに導くと取入れ口に入ったレーダー波がエンジンのファンに直接当たってそのまま反射波を戻してしまい、RCS(レーダー反射断面積)を増大させてしまいます。 そのため、Su-57のダクトは少し内側に曲げたS字型になっています。 スホーイ社の設計担当者は、「F-22のRCSは0. Su-27から発展した戦闘爆撃機・哨戒機。海軍や輸出用にはSu-32の名称も用いられる。おおまかなシルエットはSu-27だが、大型化・並列複座化されている。戦闘機のようなナリでありながら、ソノブイなどの潜水艦探知装備も搭載可能だったり、長時間の作戦のためのトイレや簡易キッチンを装備していることなどが人気を集めている。 スホーイ・スーパージェット100(SSJ100) 1.

4㎡だが、Su-57はそれに非常に近いステルス性を持つ」と述べています。 アメリカ側の資料ではF-22のRCSは0. だが、ロシア初のステルス戦闘機である同機の詳細はまだ不明。 ロシアは最近、第5世代戦闘機であるスホイ57を第6世代戦闘機にさらに転換する意向を示したが、スホイ57はまだテスト中であり、量産も開始されていない。. 旧ソ連およびロシアの戦闘機開発を長年にわたり担ってきた、ミグとスホーイの両航空機メーカーが統合に向け大きく前進しています。いずれも. · ロシア国防省は8月7日、無人戦闘機「オホートニク」の初飛行映像を公開した。ロシア初の重量級ドローンであり、パイロットの搭乗なしで離陸. Su-27(スホーイ27、スホイ27;ロシア語: Су-27 スー・ドヴァーッツァチ・スィェーミ)は、ソ連のスホーイ設計局が開発した戦闘機。 現在も ロシア 、旧ソ連諸国や 第三世界 で使用、改良された本機は アメリカ の F-15 イーグル にも匹敵する極めて高い 格闘.

F-15:Su-27戦闘機に相当するアメリカの高価格・大型戦闘機。 Su-35:Su-27の派生型であるSu-27SM2から発展した機体。 戦闘機 ソ連 ロシア連邦 MiG-29 ジュラーヴリク(ガーリー・エアフォース). ロシアも-10%近い状況だからどこも笑えねー. 特集・赤い星の戦闘機 ミグ&スホーイ. jp ロシア国家院の航空専門家メンバーであるウラジーミル・グデネフ氏は、「Su-57の価格はF-22と比較して5分の2の安価におさまる」と指摘しています。 F-22の価格は1機あたり1億7760万ドル(約195億円)なので、この言葉が事実だとすると、Su-57の価格は7104万ドル(約78億円)ほどということになります。 F-22に類似したステルス性をもつ機体がこの価格で調達できるとすれば、たしかに優れた機体であるといえます。 ですが、Su-57はまだ試作機であり、現時点で量産機の価格がどうなるかは不透明で、今後価格高騰の可能性もあるでしょう。 それでもロシアは年に最初の量産機の契約が締結されたと発表し、年には最初の量産機が運用に入るとされています。 プーチン大統領は強いロシアの復活を目指し、ロシア軍の近代化を進めており、航空戦力もロシアの軍備計画では最優先目標と位置付けられています。 しかし、ここ何年かは財政面での問題のため、国防費は減少傾向となっています。 反対に遭いやすい人件費や福利厚生費の削減を避けたため、装備調達費が割を食う結果となり、年の航空機調達実績は49機と、ピークだった年の101機の約半分になってしまいました。 Su-57が量産化されたとしても、実際に戦力化できるのか、また十分な数を調達できるのか、など課題も多く、ロシア空軍では今後も当分のあいだは従来戦闘機が主力になるものとみられます。. See full list on dic.

ロシアの戦闘機メーカー ミグとスホーイがひとつになって. 6m×幅1mで、各700㎏の兵装を搭載可能です。 Su-57は、R-77中射程空対空ミサイルの改良型であるK-77M(射程約220㎞)、R-37長距離空対空ミサイルの改良型であるイズデリエ810(射程200㎞)、Kh-58UShK対レーダーミサイル(射程250㎞)、Kh-38空対地ミサイル(射程40㎞)、Kh-35空対艦ミサイル(射程250㎞)、KAB-250 250㎏誘導爆弾など多彩な兵器を搭載できます。 主翼付け根下の細長い三角形のフェアリングにはR-77短射程ミサイルの改良版であるK-74M2を2発内蔵でき、これは大きなレーダー反射源となるウェポン・ベイを開かずに格闘戦をするためのものとみられます。 また、ステルス性の必要ない任務においては、翼下に4つのパイロンを装着し、そこに兵装を懸吊することができます。 固定装備としてはGSh-30-1 30㎜機関砲(携行弾薬150発)を機体前部右舷に内蔵しています。 これはリコイル式自動機関砲で、コンパクトで軽量ですが、砲身寿命は非常に短く100~150発の連射を繰り返すと、発程度で寿命に達するといわれます。 年1月からは任意のモードで弾薬容量を使い果たすことのできる近代化型も開発中です。 年2月24日、アメリカ軍当局はロシア軍が内戦の続くシリアにSu-57を派遣し、フメイミム空軍基地に配備したことを発表しました。 シリアにはアメリカ軍のF-22も派遣されているため、ロシアがF-22に対抗してSu-57を派遣したのではないかという見方もありましたが、Su-57はまだ試作機であり、実戦経験豊富なF-22にぶつけるのはさすがに無謀といえます。 このため、今回の派遣については、武装勢力への対地攻撃など軽度な任務によって実践経験を積ませることや実戦データを取得することが目的だとみられます。 年3月1日にはロシアのショイグ国防相も、2機のSu-57をシリアに派遣し、2日間の実運用試験を行っていたことを認めました。 また、ショイグ国防相はSu-57がシリアでテロリストに対し巡航ミサイルによる攻撃を行ったとも発表. これは、Su-27やSu-35に代わるロシアの最新の戦闘機として開発された第5世代戦闘機だ。主なライバルは、米国のF-22ラプターとF-35ライトニングである。 Su-57は、ロシアが運用する航空機として初めてステルス技術を用いている。. See ロシア戦闘機[スホーイ27] full list on zatsugaku-mystery. 双発ジェットの対地攻撃機。A-10の運用コンセプトを参考にした近接支援機。ディーゼル燃料やガソリンでも飛べるともっぱらのうわさ。 Su-27 “フランカー” 1. More ロシア戦闘機スホーイ27 videos. ソ連時代はスホーイ設計局として専ら軍用機(戦闘機・攻撃機など)を手がけていたが、現在では民間機も製造している。 旧称は 公開株式会社スホーイ・カンパニー ( ロシア語 : ОАО «Компания „Сухой“» )で、 年 の法改正 1 を受けて公開.

ひどい欠陥機だったソ連のSu-27戦闘機「フランカー」 命がけの再設計 乗りものニュースひどい欠陥機だったソ連のSu-27戦闘機「フランカー」 命がけの再設計 - 乗りものニュース. スホーイ社は年2月、ロシア空軍向けの次世代主力機として新型SU35を初飛行させた。. Su-30(スホーイ30、スホイ30;ロシア語: Су-30 スー・トリーッツァチ)は、Su-27UBを発展させた複座多用途戦闘機。 ロシアのスホーイが設計し、インドなどでもライセンス生産されている。. ロシア初第5世代戦闘機 Su-57(スホーイ57) 車載動画 Su-57(ロシア語: Сухой Су-57)、ロシア連邦のスホーイ社が開発し、コムソモーリスク・ナ・アムー. See more results.

しかし、ロシア通信のインタビューに応じたイリヤ・タラセンコ氏はスホーイとミグを合併して新しい統一された設計局にするつもりはなく、uacの下で両設計局は互いの技術や経験を共有しながら今後も発展し続けると説明したが、第6世代戦闘機の開発に. 旧ソ連が生み出した傑作戦闘機のひとつ。 高い機動性と兵器搭載量の多さなど、長らくF-15のライバル的存在としてその存在感を放ってきた。大型の機体である事を利して航続距離・ペイロードに優れ、新型の高出力エンジンAL-31Fと相まって輸出の引き合いも多い。 NATOコードネームは『フランカー(Flanker:ラグビー等のポジションの一つ)』。 一般的にはこの名が有名で、ロシアにおいても逆輸入されて使用される場合がある。 またロシアでは、スホーイ機に共通する愛称として『スーシュカ(Сушка:ロシアにおけるスホーイの表記「Су」をもじったあだ名)』などのニックネームでも呼ばれる。 なお日本やアメリカでは『ジュラーヴリク(Zhuravlik)』という愛称も広まっているが、これは本国ロシアではほとんど用いられていないようだ。 原型機のT-10が初飛行したのは1970年代後期であり、本機が配備されてから30年以上が経過するが、今なお現役であり、バリエーションも豊富で、海軍型のSu-33や、改良型のSu-35、Su-37などがある。 ロシアのほかにはインドや中国が本機をライセンス生産している。 中国では「殲撃11型(J-11)」として生産されたが、原型となったのはオリジナルよりも性能の劣る「モンキーモデル」と呼ばれるタイプである。. ガガーリン記念コムソモーリスク・ナ・アムーレ航空機工場で量産が順調に行われており. )を教えて下さい。 また、【ミグ(Mig)シリーズ】は、Mig31以降、何があるかも教えて下さい。 Su-27以降で実戦配備がされた機体は、Su-27、Su-30、Su-33、Su-34、Su-35などがありますが.

19 ID:R4vsF9br 【ロシア】Su-57戦闘機の新しいガラスは核爆発の光から操縦士を保護する 08/06 SQNY★. pixivに限った話ではないが、機首から胴体にかけてのラインや全体的な構造の美しさが評価され、イラストの題材やフィクションなどによく登場する。 ハリウッド映画やゲームでは東側の戦闘機ということもあって敵役で登場する場合も多く、特にフライトゲームなどではフランカーシリーズは敵側の高性能機としてよく登場する。 後方へのミサイル発射を行っている作品もあるが、何故かその殆どがSu-37等の派生型で行なわれている。. ロシアの、スホーイ27とミグ29って、大きさ以外、形状はほぼおなじではないでしょうか? 中央流体力学研究所(略してTsAGI、ツアギと読みます)という組織が研究成果として出した新型戦闘機用の基本デザインをスホーイとミグがそれぞれ元にして作ったのがSu-27とMiG-29なんでもともと兄弟分な. ロシア大統領府のペスコフ報道官は同日、戦闘機撃墜の発表前に記者との電話会見で、「軍事支援や軍事活動に関する発言は全て間違いなく火に. in Su-57の派生形として、ロシアとインドによる戦闘機共同開発計画であるFGFAが存在します。 年、ロシアはインドとの間で共通将来多目的戦闘機(PMF。インド名はFGFA:Fifth Generation Fighter Aircraftで第5世代戦闘機の意)を共同で開発することに合意します。 開発中であったT-50(のちのSu-57)をもとにしてFGFAを共同開発することになりましたが、T-50開発の度重なる延期にくわえ、インド空軍がT-50の性能を不安視していたこともあり、FGFA計画の前途は不透明になっていました。 年4月20日、インド空軍の当局者はFGFAの共同開発を中止にしたと発表しました。 理由としてあげられたのは、主にコスト面の問題と技術面でSu-57のステルス性や電子機器、レーダーの性能などがインド空軍の要求を満たしていなかったというものです。 ただ、インド軍は兵器の開発・輸入計画をやめたり、続けたり、復活させたりと端から見ると迷走のような調達計画を行うことで知られていて、FGFA計画も今後復活する可能性がないとは言い切れません。 ほかに、Su-57には艦載型の計画が存在していることを、ロシア海軍総司令官代理ヴィクトール・ブルスク少将が明らかにしています。 もしこれが開発されればロシアの将来空母に搭載されることになりますが、新型の海軍機を巡ってはスホーイ、ミコヤン、ヤコブレフ設計局間で競争が生じるとみられています。. Su-27とは、スホーイが開発した戦闘機である。 愛称及びNATOのコードネームはフランカー。ロシアではスホーイ機の愛称としてスーシュカ(Сушка)とも呼ばれる。 概要 ソ連防空軍から、. ロシアでの愛称は「ジュラーヴリク」。「現代制空戦闘機の到達点の一つ」とも評される大型戦闘機。その優美な曲面のラインとグラマラスなフォルムは、多くの「熟女マニアのスケベなアカども」を魅了している。 Su-34 “フルバック” 1. 格闘戦にも強い 2.

以上、ロシアの新型ステルス戦闘機Su-57について紹介してきました。 ロシアがF-22を意識したステルス戦闘機で、その性能もかなりのものと思われますが、最新鋭だけあって公開されている情報も少なく、また、今後の量産計画や運用など現時点ではわからないこともたくさんあります。 Su-57はまだ試作機であり、すでに実戦経験を積んでいるF-22に追いつくのはまだ先のことになるかもしれません。 しかし、ロシア独自の技術がふんだんに取り入れられたSu-57はF-22をはじめ他国のステルス戦闘機の強力なライバルとなる可能性を秘めた機体であるといえます。. 可変後退翼を持つ長距離戦闘爆撃機。フランカーの発展型Su-34/Su-32によって更新の予定。 Su-25 “フロッグフット” 1. com Su-57(ロシア語表記:Сухой Су-57)は、ロシア連邦のスホーイ社が開発し、コムソモーリスク・ナ・アモーレ航空機工場(KnAAZ)が製造を行うステルス多用途戦闘機です。 1986年、当時のソ連ではI-90(90年代戦闘機)としてミコヤン(現在のMiG)によって、試作機が製作されていましたが、91年のソ連崩壊によって計画は立ち消えとなってしまいます。 一方、スホーイ社は前進翼とカナード(小翼)をもつ概念実証機Su-47(S-37)ベルクトを自主的に試作し、1997年から200回以上に及ぶ試験飛行を行っていました。 1998年、ロシアはSu-27やMiG-29の後継となる次世代戦闘機で、アメリカのF-22ラプターに対抗できるステルス戦闘機PAK FA(前線航空部隊の将来航空複合体)またはI-21(21世紀戦闘機)の研究を開始します。 これに対して、スホーイがT-50を、ミグがE-721を提案します。 年4月にはT-50が選定を受けますが、これはやはりスホーイ社がSu-47で磨いてきたステルス戦闘機の開発能力が発揮された結果といえるでしょう。 T-50の初期設計案は年12月にロシア空軍の承認を受け、当初の計画では年に試作機が初飛行する予定でした。 しかし、ロシアにとって初めての第5世代ステルス戦闘機開発は計画通りには進まず、ようやく6機の試作機(T-50-1~T50-6)が完成し、試作1号機が初飛行を行ったのは年1月29日のことでした。 年3月9日には初の超音速飛行に成功します。 一方で、試験飛行ではトラブルも多発し、年8月には1号機が機体構造に亀裂が生じ、オーバーホールには年9月までを要し、さらに年6月には5号機の機体上面が炎上し、6号機と共食い整備を行っての修理には1年以上かかりました。 その間、さらに第2バッチの試作機6機(T-50-7~T-50-12)の製造が決定し、年末までにT-50-11までが完成しています。 年8月11日、ロシア航空宇宙軍司令官(ロシア空軍)のボンダレフ大将がT-50の制式名称はSu-57になると発表しました。 それまではPAK FAかT-50と呼ばれていたこの戦闘機は、現在ではSu-57. カナダの軍事誌・漢和ディフェンスレビューはこのほど、日中の主力戦闘機であるスホーイ27(Su-27)とF-15を比較する記事を掲載した。中国網. 旧ソ連のスホーイ設計局を前身とする。戦闘機Su-27(NATOコード"フランカー")の成功により、ミグにかわってソヴィエト・ロシア戦闘機の代名詞となった。 親方赤旗の例に漏れずソビエト崩壊に伴って一度は苦境に陥ったものの、主力輸出商品であるフランカー・シリーズの好調に支えられて盛り返し、現在は次期主力戦闘機Su-57の開発を進めている。また軍用機のみならず、Su-26等、民間向けのアクロバット専用機や旅客機なども手がけている。飛行艇で有名なベリエフとは提携関係にあるためにスホーイのPVなどでもベリエフの飛行機が登場することがある。 ソ連崩壊以降、たびたびエアショーにおいて変態機動を披露している。.

ロシア戦闘機[スホーイ27]

email: vanym@gmail.com - phone:(889) 449-3065 x 6314

キラー・インフェルノ - 恋する遺伝子

-> フレンチロマンス・スペシャル・パック
-> 2011 Groupe GTTS

ロシア戦闘機[スホーイ27] - Lost Small World


Sitemap 1

「8P channel 2」 Vol.2 - グラビア学園MOVIE 柚月彩那